りんご7976ダイエットを成功させるための3つのコツ

りんごダイエットを成功させるコツの1つ目は「1食だけりんごにする」ことです。 3食すべてをりんごだけにしてしまうとビタミンCなど特定の栄養だけしかとれなくなってしまいます。とくにタンパク質や脂肪など体を構成する栄養素の不足が深刻となり、それによって体がストレス状態になったり、基礎新陳代謝量が落ちたりとダイエットの大きな妨げになります。りんごダイエットをするときは3食のうち1食だけを変えて、かならず2個から3個のりんごを食べるようにしてください。 成功する2つ目のコツは「短期間だけおこなう」ということです。 栄養バランスを考慮してダイエットを続けたとしても、同じものを食べ続けることになるため栄養が偏りやすくなります。そのためダイエットを実施する期間は3日から1週間と短めの期間でおこなうようにしましょう。また、ダイエット終了後に食べる量を急に戻すと体が拒絶することがあるので、少しずつ食べるの量を戻すようにしてください。 3つ目のコツは「夜にりんごを食べる」ことです。 夜になったら寝るだけなので、たくさんのカロリーを摂取する必要はありません。またりんごは1個が150キロカロリーとローカロリーなため、夜に食べた方が高いダイエット効果を発揮します。

色彩心理学から学ぶ日米のりんご7976の連想イメージ

色彩心理学では、国・文化別の視点から色の連想イメージを捉える研究があります。例えば、りんご、と聞いたとき、思い浮かべるのは何色でしょうか。日本人ならば、大半の人は、赤、と答えることでしょう。りんごの丸くて赤々としたイメージが思い浮かぶからです。しかし、アメリカで同じ質問をしたとき、アメリカ人の大半は、赤、とは答えませんでした。代わりに、青、と答えました。なぜなら、アメリカでは、りんご、と聞いたとき、青りんごの丸くて青々としたイメージがまず思い浮かぶからです。りんごはりんごで変わりないはずなのに、国や文化によって、色の連想イメージは180度も違うことがあります。