おいしいカットりんご7976保存法をご紹介します。

りんごはおいしいですよね。丸ごとを1つ切るとたくさんになってしまいます。そんな時にカットりんごを保存する方法をご紹介します。りんごの切り口が隠れる位のお水にしたし、少量の塩を加えます。そしてタッパーなどに入れて冷蔵庫で保存してください。なぜタッパに入れるかというとそのまま保存するとビタミンCが溶け出ししまうことがありますので注意してくださいね。冷蔵庫で保存してから1日から2日で食べてくださいね。切ったリンゴ酸化しやすいので気をつけてください。もう一つの方法は冷凍で保存することです。冷凍する際に注意するのは、保存袋新入れて真空にしてください。少しでも空気が入ってしまうと劣化してしまうので注意してください。この方法を利用すると1ヵ月ぐらい持ちます。 1ヵ月以上経ってしまったりんごにも使い道はあります。ジャムにしたり、焼きリンゴにする方法でおいしく食べることができます。最初からりんごを料理してりんごの砂糖煮を作ってしまう方法もあります。この方法で砂糖煮を作っておけばいつでも簡単に食べられます。おやつに最適ですよ。作り方は、お鍋にリンゴと調味料を入れて火にかけてください。そして沸騰したら弱火で15分煮込めば出来上がりです。簡単ですからぜひお試しを。

大量のりんご7976を消費する美味しい方法とは!?

贈り物などでりんごが大量に手に入ったとします。仮に家族の人数が多かったとしても、一度に消費するのは大変ですし、捨てるわけにもいきません。そんなとき、食卓のメニューに一工夫をして、りんごを順調に消費してしまいましょう。例えば、りんごのすりおろしは、色んな料理に使えます。豚丼に使えば肉が柔らかく美味しくなります。カレーに使えば甘みのあるカレーになります。サラダにドレッシングとしてかけてもさっぱりしていて食が進みます。他にも、アップルパイ、デザートピザ、マフィンなどデザートとして食べるのも良いでしょう。工夫次第であっという間に、大量のりんごはなくなってしまいます。